読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Letter from MinorKing

I Just Love Music.

猿の惑星:新世紀

Tポイントカードが700円ほど残っていたと思うのだけれども紛失してしまったので、再発行ついでに新作コーナーを覗いたところ猿の惑星:新世紀」が出ていたので借りてきました^^
感想は・・・
猿の惑星:創世記 ★★★★★
猿の惑星:新世紀
 ★★★☆☆ でした><

比べちゃいけないのは分かるのですけれども、むか〜し昔に見た「ジュラシクッパーク」を思い出してしましました>< を越えるシーンていうのですか...それがない気がするのです。創世記はまさに主題通り!という感じでしたが、新世紀に関しては、そんな大がかりな名前ではなくて良かったのでは、とすら思いました><  「猿の惑星2:シーザーの苦悩」くらいで良かったのでは?と...(汗) なぜならですね、新世紀での猿たち、見た目が猿なだけで行動も思考も発想も「人間」なんです。創世記の時は、本当に「"猿"の惑星」が作り出される過程をすごーく絶妙に書き出していたのに、たった!たったの10年で、もじゃもじゃ「人間」になっちゃったんです。
創世記ではシーザーも含め、猿たちはほとんど言葉を発さず、それがまた想像力をかき立てる要素になり、そして想像を裏切られた時の衝撃 (猿に裏切られた!みたいな驚きも含む)がとスリルがたまらなかったのに、新世紀では猿たち、かなり喋るんですね...本当に...人間(そして残念)でした(T_T)

ただリーダーのシーザーの「苦悩」については本当に本当に良く伝わってきました!でもね、やっぱり「苦悩」の仕方が「人間」なんです>< なので私個人的には、新世紀での映画の醍醐味って何だったんだろう〜って、まだ考え中です。いつかこのショックを忘れて、もう1度見たい!って思った時に、再度感想を書きたいな〜♬と思います^^

でもブログを始めたきっかけは、忘れちゃうのを防止のため文字に残しておく!というのがきっかけだったから、ちょこちょこブログを見返してしまったりして、また見たい!と思える日が遠〜く先の事になってしまいそうな、そんな予感もしまする〜^^;

猿の惑星:新世紀 (予告編)をパチッと張りつけ♬


映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』予告編 - YouTube

 

あ。なおですね>< 私の感想で勘違いさせてしまったらごめんなさいなのですが「猿の惑星」オススメか、オススメではないか...で言ったら5つでおすすめです!(どっちやねん!笑) (創世記)が非常に良かったので、(新世紀)でがっかりしてしまったなぁ、と強く思ってしまったのですが、見ようかなぁどうしようかなぁと思っているひとには、ぜひぜひ「創世記」から見て欲しいです^^